第13回日本腎臓病薬物療法学会
学術集会・総会 2019 PR動画

大会事務局

熊本大学薬学部臨床薬理学分野

〒862-0973
熊本市中央区大江本町5-1
TEL&FAX:096-371-4856

運営事務局

株式会社
JTBコミュニケーションデザイン
ミーティング&コンベンション事業部

〒810-0072
福岡市中央区長浜1-1-35
新KBCビル4階
TEL:092-751-3244
FAX:092-751-3250
E-mail:jsnp13@jtbcom.co.jp

参加登録デスク

株式会社
JTBコミュニケーションデザイン
ミーティング&コンベンション
事業部内

TEL:06-6120-1257
FAX:06-6120-1229
E-mail:jsnp13-reg@jtbcom.co.jp

各地腎薬対抗「腎臓クイズ秋の甲子園」合計60歳までの薬剤師ペア5組(各地)を事前に募集して開催

熊本大会ではこれでもかというくらい豊富なプログラムを用意します。学会は研究成果を発表し、討議・論議して多くのことを学び、自己研鑽するための場ですから。でも大いに楽しんでもらいましょう。

土曜日の17時から懇親会までの間、第3会場にて2人1組で「腎臓クイズ秋の甲子園」第1回チャンピオンを競います。合計60歳までの薬剤師ペアを各地から5組を事前に募集して開催します。地域対抗ですが、もちろん腎薬のない地域でも「未来枠」としてOKとしましょう。ただし会員のみ、学生会員OKですが薬剤師を持っている大学院生のみです。
知識のすごい若手薬剤師を発掘できるチャンスにもなります。
聞いているだけでいろんな知識が身につきます。
例えば形式はこんな感じではいかがでしょう(正式決定はまだです)。
中毒性副作用・薬剤性腎障害・血液浄化法・保存期腎臓病・糖尿病性腎症・腎不全合併症・電解質酸塩基平衡・薬物動態・薬理など7課題(9課題ですって?どれにしようかまだ迷っていますので…)で10~50点の問題を35問作成し、早押しボタンで解答し正解の場合は点数が加算、間違えた場合は減点します。この内容は2018年の日本腎臓学会・新潟大会では腎炎、電解質、Na・輸液、血圧、AKI、CKD、腎不全だったということを参考にさせていただいています。

優勝者は懇親会で「若手腎薬最強コンビ」として大会長表彰をする予定です。
司会と解説は○○先生、◇◇先生ですよ(今は内緒!)。このコンビなら面白くならないわけがない!これも乞うご期待です!

2019年6月22日に行われた第62回日本腎臓学会のクイズ大会 NEPH Champions League Nagoya 2019の出場者です。こんな感じでクイズ大会を実施します。(主催者の許可を得て撮影・掲載)